ガーベスタッフブログ

神奈川県鷺沼エリアのアフタースクール(学童保育)。子どもたちのきらめきや活動内容を記録しています。

ピタゴラ装置

いまだに衰えを知らぬピタゴラ装置ブーム。

長いレールと、たくさんのビー玉が、とにかくこども達の心をわしづかみにするようです。

最近は、ただ転がすだけではなく、的を作ってビー玉で倒してみたり、ビー玉同士を衝突させてみたり。
バラエティに富んだ遊びに変化してきました。

こどもたちは、純粋に遊びとして楽しんでいますが、実はこれは、運動量保存の法則の実験装置といっても過言ではありません。(過言かな?笑。)

たとえば、5個並べたビー玉に、他のビー玉を1個、衝突させます。
すると、5個並んだビー玉のうち、はじっこのビー玉1個だけが、弾かれます。
衝突するビー玉を2個にすると、弾かれるのも2個。
衝突ビー玉を3個にすると??
そう、弾かれるのは3個になります。

運動量保存の法則は、高校物理の内容なのですが、こどもたちに「ビー玉1個だけぶつけたときと、2個ぶつけとときって、何か違うと思う??」と聞いてみたところ、「知ってるー!さっきやってみた」。
知らず知らずのうちに、物理のお勉強をしていたようです(笑)
b0350638_14460940.jpeg

by gabe-saginuma | 2016-04-27 14:44