ガーベスタッフブログ

神奈川県鷺沼エリアのアフタースクール(学童保育)。子どもたちのきらめきや活動内容を記録しています。

表現力教室

今、ガーベの表現力クラスとアフタースクールでは、ピタゴラ装置作りが流行中です。
ピタゴラ装置とは、教育テレビのピタゴラスイッチという番組に出てくる装置で、身近な材料で作ったレールの上をビー玉が転がっていくというもの。

今日も、ガーベに入ってくるなり、「ピタゴラスイッチ作る!!」と大張り切りの子供たち。
椅子や木材や空き箱や秤、いろいろなものをつかって作っていきます。

「ここ、いつもビー玉が飛び出すね」
「下敷きでガードしてみたらどう?」
「高さも、もうちょっと高くしてみる?」
ビー玉を転がしては、改良の繰り返し。

「あ、それすごい!」
「スタート部分にしたら面白そう!」
各自の作ったパーツを合体させたり、いろいろなアイディアを出し合ったり。みんなとても生き生きとしています。

ただ、『みんなでひとつの作品を作る』ということは、当然、衝突もあります。思い入れがあるのなら、尚更。
「ここにお皿を乗せよう」
「え、そんなの絶対イヤだ!」
「なんで?!いいじゃん!!」
にわかに不穏な空気に包まれますが、むしろこれはチャンス!
『どうしてそうしたいのか』『どうしてそうしたくないのか』、子供たちが、自分の気持ちを言い、また、相手の意見を聞き、そして、互いの考えをすり合わせていく・・・それを学んでいくとってもいい機会。

そして出来上がったピタゴラ装置は、一部屋ではおさまりきらず、キッチンを通り、廊下をわたって、玄関付近まで!
大作ができました🎶

b0350638_09080166.jpeg

[PR]
by gabe-saginuma | 2016-04-14 16:41